スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Chapel Concert Vol.339 バロック音楽のひととき

 2010-09-15
関室テレマン


Chapel Concert Vol.339
  バロック音楽のひととき


2010年10月28日 (木) 19時開演

天満教会(地下鉄堺筋線・谷町線 南森町駅より徒歩5分)

入場料:2000円(自由席)

曲目:J.S.バッハ フルートとチェンバロのためのソナタ イ長調 BVW1032
   J.S.バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ ト長調 BVW1019 チェロ付き
   ルクレール 音楽の楽しみ 第2番
   テレマン  ソロカンタータ 第59番、61番
   ゼレンカ  2本のオーボエ、ファゴットと通奏低音のためのソナタ 第6番 ハ短調  

出演:アンサンブル・アルフィーネ
ソプラノ:鈴木芳
フルート:平岡洋子 門野満里 松林靖子
オーボエ:河野正孝 中島友美
ファゴット:東口泰之 片寄伸也
ヴァイオリン:吉川緑 納庄麻里子
チェロ:成川昭代
コントラバス:南出信一
チェンバロ:吾妻優子 河野まり子
主催:関西室内楽協会

京都バッハ合唱団としていつもお世話になっている、関西室内楽協会さま主催のコンサート。
さまざまな組み合わせのアンサンブルをお楽しみ下さい。

私の組の編成はヴァイオリン・ソプラノ・ファゴット・チェンバロ。
テレマンの「Harmonischer Gottes-Dienst(音楽による礼拝)」という教会カンタータ集から
2作品を歌わせていただきます。

一応メインジャンルなのですが、結構久しぶりのドイツバロックの本番で、
私自身もとても楽しんで練習しています。

「Harmonischer Gottes-Dienst」のどの作品にも言えることですが、
ドイツ語のレチタティーヴォが長い!まさにお説教(^-^;)
これを単に「長い説教語り」ととられるか、案外短く感じていただけるかが
この作品のカギかもしれません。言葉と音の結びつきや、和音の使い方が結構面白いのです。
スポンサーサイト
カテゴリ :音楽 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。